ミニマリストを目指す人のブログ

日々遭遇するあらゆる「モノ」「コト」に対して「必要か?必要か?必要か?」と呪文のように唱える毎日を送っています。

やりたいことがあるのに、全然やる気になれないときのやる気スイッチの入れ方

部屋を片付けたい。
掃除したい。
自炊したい。

やりたいことはあるけれど、どうにもやる気が起きないときがあります。どうしたもんか…と考えました。

楽しいことやおもしろいことととらえると、もしかしたらやる気が出るかもしれない。ということで、まずメモに書くときの「書き方」を以下のように変えました。

やることリスト→本日の実験

私たちが何かやろうとするとき、ノートや手帳にこんな言葉を使っていませんか?やることリスト、TO DOリスト、今日の予定、ミッション、目標。あるいはやらないことリスト、NOT TO DOリストなんてものもありますね。これらを使っても実行できない場合に「実験」っていう言葉を使ってみたらどうかなって思うんです。

子供のころを思い出してみてください。水の中に何分潜っていられるか、あそこまで走ったら何秒かかるか、片足で何分立っていられるか「これやったらどうなんるんだろう」ということをよくやっていませんでしたか?

日常の中のあらゆる「やること」を「実験」という言葉に置き換えるだけで、完璧じゃなくてもいい、失敗するかもしれないけどとりあえずやってみるという行動に変えることができます。

「〇〇をやること」→「やってみよう!」

文章の終わりを「〇〇すること」のように事務的な書き方や、いかにもやらなければならい義務にしてしまうのではなく、「〇〇したらどうなるかな?さあ!やってみよう!」にするだけで、こうやったらどうなるかな?とプランを立てて実験をスタートさせることができます。

たとえば、この引き出しの中のハンカチを7枚だけおさまるようにしてみるとどうなるかな?これで1か月過ごすとどうなるだろう?7枚で足りるかな?足りないかな?洗濯した後またこの状態にもどせるかな?たたみ方はどんなパターンがあるだろう?全部同じ色、同じ種類にしたらどうなるだろう?使いにくいかな?色二色ならどうかな?好きな色だけにしたら朝引き出し開けたとき自分のテンションは上がるかな?あんまりかわらないかな?

一日ひとつ

私たちは普段それぞれ、仕事をしたり家事や子育て、人付き合いなど「やること」ではなく「やらなきゃいけないこと」がたくさんあります。いきなりあらゆることを実験するのは頭も体も付いていけません。だってエジソンだって毎日同じような実験をあーでもないこーでもないと繰り返していたくらいですから。

まずは一か月にひとつ。1週間にひとつ。一日にひとつなど。自分で期間を決めて一つだけ取り組んでみるといいと思います。

ちなみに私は今日、冷房の実験をしています。27℃だと1時間くらいすると寒いな、温度替えてみたらどうなるかな?29度だとなんかムシムシするな、28度だとどうかな?やっぱりムシムシするな。ムシムシするなら一回除湿にしてみたらどうかな?除湿も1時間も経たないうちに寒く感じる。たぶん性能のいい冷房に変えるべきなんだけれど、シェアハウスだから勝手に変えられない。うーん、かくなる上は、最新のエアコンがついているシェアハウスに引っ越す。

こんなことをブログを書きながら、実験しています。

みなさんも、やりたいことがあるのに重い腰があがらないなら、「やること」を「実験」に変えてみてはいかがでしょうか?

YouTubeに動画アップしてみよう!と思ってからやったこと7つ。

f:id:minicherry0817:20190816171151j:image

2019年の年明け、動画撮ってYouTubeにあげたいなーなんてことを思いました。でも、結構様々な準備にて手こずりまして(。-∀-)

 

スマホが固定できない

部屋の中で、ちょうどいい撮影角度を探したのですが、ちょうどいい角度にスマホを置く場所がない。ってことがわかりました。ティッシュボックスとか本を積み上げるとそれなりの高さになりますが、さあ撮影しようと思った時に毎回それをやるのは面倒くさいし、準備してる間に思いついたことが頭からいなくなってしまうのです。

三脚探して3ヶ月

やっぱりこれは三脚がいるなと思ったのでネットで探してみました。ありました。いっぱい。しかも価格も千円代から上を見るときりがないんです。そもそも三脚使ったことないし、メーカーも性能も、程よい価格もわからない。口コミも一長一短。三脚について説明しているブログや動画はスマホよりも一眼レフカメラ用のおはなしばかり。検索している間にだいぶ疲れてしまいました。

三脚の実物を確認する

ネットだとわかりにくいので、電気屋さんに三脚の実物を見に行きました。ほとんどカメラ用でした。スマホ用の三脚は売ってるけど、箱に入っててよくわからない。そもそもどのくらいの高さまで伸びるものを買えば良いのだ?もう、ダメだ。とりあえずこれでいっかーとできない自分と格闘。

ダイソーで出会った500円の三脚

もう動画なんていいや、三脚買うの諦めよう。と思っていたある日、ダイソーの中でなんか面白いものないかなーとウロウロしていたら見つけた!そして、その場でネット検索したら、ちょっとだけ性能について説明してくれている動画を発見!その方の評価では、これまで本格的なものを使っていらっしゃったからか、アルミ素材がちょっと弱そうなことなど指摘しつつ500円ですからねーなんてこと言ってたので、まあ500円だしいっかーと買ってみることにしました。

さて、撮影!

三脚を伸ばしたり縮めたり、スマホをセットしてどんな風に撮影できるかチェックしてみました。ええ、500円ですから今までのことを考えれば、程よい角度から撮影ができたらそれで充分。

撮影場所が決まらない

ところがですね、よくよく部屋を見渡してみると、背中にカーテンとか、ドアノブとか、照明のスイッチとか、洗濯物とか、意外といろいろ映ってしまいました。いろんな方のYouTube動画観てると、ごちゃっとしてたり逆光だったりそういうものが気になってしまって、白い背景で撮りたいと思いました。部屋の中に白い壁があるので、机やらベッドやらあちこち動かして撮影しやすいようにしてみました、そしたら今度は生活がしにくくなりました。

撮影コーナーを作ってみる

机の前に座って撮影しようとするのがそもそも間違いではないか?ということに気付き、収納スツールに座って取れる角度を見つけました。テスト撮影をしてみたところなかなか良いかもしれません。

f:id:minicherry0817:20190816171236j:image

せっかく動画にしたい内容をいろいろ考えたのに、撮影できるまで半年以上もかかってしまった(。´・ω・)
うーん。でもこんなことやってたらきりがない!とりあえずしばらくこの状態で撮影してみて、途中でまた変えればいいやと緩い気持ちでトライしてみます。

ベランダの掃除、やりたいと思いながら一年半。やっとできた話。

f:id:minicherry0817:20190815214147j:image

みなさんはベランダの掃除ってしてますか?
寝室やリビングと違って、1日の大半を過ごす場所じゃないから掃除の優先順位はだいぶ低めですよね。

いま住んでるシェアハウスに引っ越してきてから「掃除したいな〜したいな〜」って思いながら、一年半もたってしまいました。

掃除しなかった理由
・シェアハウスの隣の部屋とベランダが繋がっていてどこまで掃除していいかわからない。
・いつやるかタイミングがよくわからない。
・汚すぎて綺麗になる気がしない。

ところがこの前シェアハウスの管理会社の人がリビングに面するベランダを掃除しているのをみて「ああそうか、適当な境界線まで掃除すればいいんだ。」ということに気づきました。

どこまで掃除するか

管理会社の人に「私も部屋のベランダ掃除したいんですけどねーとなりと繋がってるから自分のところだけしていいもんか。勝手にベランダ通るわけにもいかないし、コミュニケーションがほぼないから…」
そしたら管理会社の方が、そんなにきにすることないってこととか適当でいいですよといってくれて、気になるところだけでいいやって気持ちになれました。

いつやるか
「今でしょ」いやいや今ではないです。ベランダ掃除は雨が降った時です。その方が砂ぼこりは取れやすいのです。でも雨降りを待っているとなかなかできませんね。夜遅かったり、どこかから帰ってきてすぐだったり、他のことをやる予定があったりしてなかなかタイミングが掴めませんでした。それで梅雨という時期も2回通り越している(。-∀-)

でも今朝、台風だなってことを思い出しまして。雨が振り始めたらやるぞ〜!と。でも降ってきたかと思ったら準備している間にすぐ止んじゃって。天気予報をみながら今度降り始めるのはいつだ?と準備(デッキブラシと雑巾とメラミンスポンジ、濡れてもいい服で)しながら別のことをして待機してたら、いい感じでバーっと降ってきたのでベランダに出ました。

汚すぎて綺麗になる気がしない
と思ってましたが、デッキブラシでガシュガシュやってたら床も壁も8割くらいそこそこ綺麗になりました。気になるところはメラミンスポンジを使い、排水溝に流れていかなさそうな塊のゴミはゴミ箱に捨てて、最後に雑巾で拭いたら割と綺麗になりました。

f:id:minicherry0817:20190815214407j:image

お金をもらって掃除してるプロではないし、専用のお掃除アイテムを使ってるわけでもないし、そもそも引っ越してきた時にはすでに汚かったし、寝そべって頬ずりするわけでもないから(笑)8割綺麗になったから今回はこれで充分としよう!

モノは一番最初が一番綺麗で、そのあとは劣化するのみ。一番最初と同じ綺麗を目指してもそうはならないのに、ついつい100%か120%くらい綺麗にしようと思ってしまうとキリがないですもんね。

わざわざ台風の時にする必要もなかったかもしれませんが、雨がブワーッと降っていたのはほんの少しの間だったので、このくらいでいいかな?と思う頃(狭いので10分くらいしかしてないけど)、ちょうど雨が止みました。雨に濡れて程よく体も涼しくなりました。お風呂に入ってスッキリしたらお腹もすいてきていい運動になりました。たかが10分ですが(^_^;)

夏の終わりにひぐらしがなき始めたら、ベランダの窓をあけて夕涼みでもしたいなあ〜♪でもそのころまでにまた台風が来たりして。そんでもってベランダも汚れたりして(。-∀-)ま、10分もあればささーっと綺麗になることがわかったから。また掃除しようと思います。

ハンカチの適正量は何枚なのか考えた結果

f:id:minicherry0817:20190815142131j:image

皆さんハンカチ何枚持ってますか?
私は数えたら6枚でした。

昨日の夜ハンカチが入っている箱を眺めながら、これとりあえず全部同じ大きさにしたらスッキリするんじゃないかなーと思いました。
ということで、よく使っている2枚だけ残して古いハンカチ4枚を1度出してみました。

それであることに気がつきました。私が普段使っているハンカチって3枚だ。他のはあまり使っていない。
という事は、私の生活に必要なハンカチの枚数は3枚なのだ!足りなくなったら近所の百均に行けばいい。と言う結論にいたりました。

人によってハンカチの適正量と言うのは変わります。適正量の見分け方のポイントは以下の2つかなと。

・毎日出かけるか出かけないか

・洗濯は週に何回するか

私は毎日出かけません。仕事は家の中でするし、人と会うのは週一回くらい。後はちょっと近くのスーパーに買い物に行く程度です。洗濯は週に1〜2回です。だから3枚で足りてたんですね。

皆さんの場合はどうですか?家族構成によって洗濯の回数が変わりますが、おそらく週に1度も洗濯をしないご家庭はないと思います。
出かける回数は週単位で考えると、最大で7回ですよね。
という事は1人7枚あれば生活ができるはず!

試しに一度、ハンカチが入っている引き出しに7枚だけお気に入りを残して、それ以外のハンカチは紙袋などに入れて一旦別の場所に分けてみて下さい。きっと7枚で足りるのか足りないがわかります。

ハンカチの量が多いと、普段何枚ぐらい使っているのか、なかなかわかりにくいですが、このようにすると自分が普段ハンカチを何枚使っているのか、よく使っているものがどれなのかが見えてきます。

また、限られた枚数を繰り返し使うことで 1枚1枚の使用頻度が高くなり、 汚れやほつれや臭いなどが気になってきた頃に「取り替える」と言う流れが生まれます。

お子さんの場合、全部気に入ってるから 7枚に絞るのは難しいかもしれませんが、まずはご自身でチャレンジしてみて下さい^_^

こんなにスッキリしましたよ〜って、ちょっと空間ができただけだけど(^_^;)

f:id:minicherry0817:20190815142647j:image

お手製お抹茶ドリンク

f:id:minicherry0817:20190808145720j:image

最近コンビニに行くと、抹茶シュークリームとか、抹茶バームクーヘンとか、抹茶ドリンクとか抹茶製品がいっぱい出ていて欲しくなります。

でも原材料見るとほぼ砂糖。

抹茶味は好きだけど、砂糖は嫌だ。じゃあどうしよう?そうか自分で作ればいいのか!

ということで、先日奈良の実家に帰った時、京都駅で一保堂の抹茶粉末を見つけたので買って早速作ってみました。

ぱっと見た感じ、池の水のようにも見えますが(^_^;)

子供の頃、よくグリーンティー飲んでたの思い出します。なんか懐かしいなあ。

水筒に氷と抹茶粉末を入れて、お水を注いで蓋をしたら、10回くらいシャカシャカふります。甘みが欲しい時ははちみつをちょっと入れて。甘みがなくてもさっぱりしてて美味しい。

抹茶粉末が1,200円くらいだったので、家で作ればペットボトル一本分くらいの価格。そう考えると外でお砂糖入りの甘ーいドリンクやお菓子を買うよりはコスパは良いのだ!

いつも外に出るときお水やアイスコーヒーやルイボスティーを入れて持っていくけど、しばらく抹茶ドリンクにしてみようと思います。

一保堂茶舗 抹茶 幾世の昔40g缶

一保堂茶舗 抹茶 幾世の昔40g缶

 

 

ジェルキャンドルの処分方法を検索したら、思ったより大変なことがわかった。

皆さんの家に、キャンドル(ろうそく)ありますか?
仏壇に使う用のろうそくとか、誕生日にケーキにさして余ったものとか、オブジェとして楽しむものもありますよね。

使い切ります?それとも防災用に取ってありますか?

私ひとつもってるんですけど、ジェルキャンドルっていうタイプのものなんです。6年くらい前に近所のショッピングモールの雑貨屋さんで、ジェルキャンドルを作るワークショップがありまして、面白そうなので参加しました。

持って帰ってきたのですが、よく考えたら火を灯して使うことがないんですよね。そもそも写真のようなジェルキャンドルって、オブジェとして楽しむもののようです。おいておくとゴミや埃が溜まってしまって、処分したいんですけど、これどうやって処分しよう?となったので調べました。

売る

綺麗だったらメルカリやラクマ、フリマに出したり、あとは雑貨を買い取ってくれるところに持っていく。寄付とか?でも、これは綺麗だったらの話。

ネットの検索結果

「ジェルキャンドルの捨て方」で探したら、だいだい書いてあるのは普通のろうそくの捨て方ばかり。やっとでてきたジェルキャンドルの捨て方をみると、湯煎してジェルの部分と中に入っているガラス類やカラーサンド(色のついた砂)を分けて…と書いてありました。なんて面倒な作業なんだ!

それぞれのゴミの分別先

分類したものを、住んでいる区のゴミの分け方・出し方冊子で探してみたら、ビー玉なんて載ってない!カラーサンドも載ってない!「砂」という項目でみたら区では回収できないので専門業者に相談してくださいとありました。ビー玉と多分ガラスでできているであろうクジラの形をしたものは、ガラスの項目でみたら燃えないゴミであることがわかりました。

ああそうだ、貝殻も入ってた!これはなに?これも冊子に載ってない!
もう、疲れた。

墨田区のサイトで聞いてみる

ネットなら、もっと細かく分別が載っているはす!と思って住んでいる墨田区のサイトを検索したらこんなものがありました。

www.city.sumida.lg.jp

チャット形式(LINEのやりとりみたいな感じ)で、処分したいものを入力するとすぐに答えてくれました。

ビー玉は、燃やさないごみですって。カラーサンドで検索したら別物と解釈されちゃったので、「砂」と入れてみたら砂は砂でも4種類から選択するようにとでてきた。で、砂(砂絵)が一番近いかなと思って選んだら、やっぱり専門業者に相談ですって。

ジェルは、わからないって言われた。

結局、燃やせるのは貝殻だけだった。

ろうそくなのに火を灯してもなくならないとはこれいかに。

好奇心で作ってみたジェルキャンドル、こんなにも処分が大変だったとは思いませんでした。作った時間が2時間くらいなのに、捨てることに何時間も何日も費やすなんて、本当に、ものを持つ時って、後のことをよく考えるべきだなってつくづく思います。

ジェルキャンドルよ、作って楽しませてくれて、眺めて楽しませてくれて、炎で癒してくれてありがとう!

さて、処分が完了するのはいつだろうか…(。-∀-)

歩きにくいから履かない、でも捨てられない靴を捨てる方法を探ってみた。

f:id:minicherry0817:20190715034211j:plain

皆さんの家のげた箱、ああ、最近、げたばこって言わないか。靴箱?むしろシューズボックスとかいうのかな?まあネーミングはさておき、履かないのに取ってある靴ありませんか?

履かない理由って、例えば冠婚葬祭用だからその時だけとか、あと歩きにくい、足が痛い、そこまで気に入ってない。そんなところでしょうかね。特別な日に履くものはまあ置いといて、履かないのに取っておく靴って、なんで取っておくんでしょうね?履かないのに。使わないのに。で、なんで捨てられないのか、どうやったら気持ちを切り替えて捨てられるか考えてみました。

高かったから捨てられない。

靴以外のものでもそうですけど、これありますよね。高かったから捨てられない。こんな値段じゃ売れない。しかも履いてないから綺麗だし。これってでも、永遠のループですよね。その靴を見るたびにもう10年でも20年でもずーーーっと見るたびに毎回毎回「高かったから」って言い続けるんです。それで捨てられない自分のこと「あー私ってダメだ」って自己肯定感が下がります。自分の残りの人生の中で、あと何回、自分のことダメだって思うんでしょうね。そういう時間、すごく勿体無いなって思います。

高かったから捨てられない自分とお別れするには、まず、次に靴を買うときのためにルールを作る。「私はいずれこの靴を手放す時が来る。そのときに高かったから捨てられないって思う金額かな?それともこれくらいの金額なら履き倒して捨てられるかな?足に合わなかった時は、いくらだったら売ってもいいって思えるかな?」

靴を片手にそういうルールを作っておくと、もう二度と「高かったから捨てられない」って思わなくなるのではないかなと思いました。さらに、これは他のモノを買う時のルールとしても使えるのだ!

さて、私のこの靴ですが、金額は5,000円〜6,000円だったと思います。特に私の中では高かったから捨てられない分類ではないのですね。じゃあ、なぜ捨てられないのだろう?

需要があるから

・急にスーツ来て行かなきゃならない仕事の時に使う。だって他にちょうどいい靴がないんだもん。
・小雨のときに履く。だって雨の日にスニーカーだと雨が染み込んでくるし、他に雨の日に履ける靴がない。

・急なお通夜、葬儀のときに使える。だって、他に黒い靴がない。

あれ?じゃあスーツのときに履ける、小雨の日にも履ける、冠婚葬祭用にも使える歩きやすい靴を変えばいいのでは?

解決!

と思ったけど、実家に冠婚葬祭用の靴があったのを思い出した。次回実家に帰ったときに持ってこよう!

冠婚葬祭用って、その時のためだけに取っておくと、使いたいときにかかとが取れたりゴムがボロボロになったりすることがあるっていうのを人がそうなったのをみて学んだから、普段使いと兼用にしてしまおうと思います。

歩きにくい靴、高かったから捨てられない靴、みなさんも1足ずつ向き合って手放してみてはどうでしょう?