ミニマリストを目指す人のブログ

日々遭遇するあらゆる「モノ」「コト」に対して「必要か?必要か?必要か?」と呪文のように唱える毎日を送っています。

炊飯器を取るか鍋を取るか。

年末、炊飯器の素晴らしさに気がついた。

 

2年半前に奈良から上京してきた時にお世話になっていた友人宅には炊飯器がなかった。
コメ炊けないじゃん!どうしよう!
と思ったらコンロの下から立派な土鍋が出てきた。

これは、土鍋で炊いてみよ。という神様からのお告げかもしれない。とは思わなかったけど、そういえばご飯って、鍋で炊けるんだよなと早速ググって土鍋でご飯を炊いてみた。

初めての土鍋ご飯。失敗した。
でも何度かやっているうちに上手に炊けるようになった。土鍋ご飯おいしい。
しかも炊飯器より早い。 

横浜に引っ越しをしてシェアハウスに用意されていたのは3合炊きの小さな炊飯器。
いやいや、私は鍋で炊いちゃうよ!
と味噌汁を作る鍋でご飯を炊いたらちゃんとご飯が炊けました。

やっぱり鍋ってすごいね!鍋いいぞ!

葛飾に引っ越しをしてシェアハウスに用意されていたのはこれまた3合炊きの炊飯器。けれどやっぱり鍋で炊いた。ティファールで。

だが、2017年の暮れに知ってしまった衝撃の事実!

  

洗ったコメを炊飯器に入れる→野菜やキノコや肉を切ってコメの上にのせる→炊き込みボタンをオン!

その間10分。
そして、そのあと炊けるまで小一時間、ブログ書いたり本読んだり他のことをする。
炊けたらあったかいご飯の完成!

そうか!炊飯器は、そばについていなくていいのだ。
鍋だと火にかけているから火のそばにいなくちゃいけない。
でも炊飯器はそばにいなくてもいい。
お風呂に入っている時も部屋でダラダラしているときも、ちゃんと炊飯器は働いてくれている。

 

炊飯器なんていらないぞぉ!と思っていたけれど、
これ、いる。あった方がすんごい時間の短縮になる。
そして私はいつもならご飯を作っているであろう時間にこの記事を書いているのだ( ・∇・)