ミニマリストを目指す人のブログ

日々遭遇するあらゆる「モノ」「コト」に対して「必要か?必要か?必要か?」と呪文のように唱える毎日を送っています。

美容院に行くのをやめたことで得たもの

災い転じて福となす

 

二日前、こんな記事を書きました。

美容院に行くのをやめたこと。 - ミニマリストを目指す人のブログ

 

美容院に行っても、自分が求めているサービスが受けられない。でも髪は伸びるし切りたい。だからいつも「こんどこそ!」って思いながらホットペッパーとかで美容院をひたすら探してた。

 

でも行かないと決めて、自分でなんとかすると決めたら気がすごく楽になった。

自分の中で、美容院に行くことが当たり前じゃなくなった。

節約とかよりも、

美容院を探す。

予約する。

美容院まで足を運ぶ。

どんな髪型にするか担当者と話をする。

シャンプーからブローが終わるまで2〜3時間かける。

美容師さんと会話をする。

これらがなくなるんだもの。時間がうんと節約できるし、気持ちだって軽い。

 

そんな美容院ジプシーから解放された日々を送っていた先週日曜日の夜、

表参道を歩いていたら美容師さんに声をかけられた。

この辺、激戦区だもんな。またか〜この前も美容師になったばっかりの女の子が自信なさげに「切らせてもらえませんか〜」って言ってきたな。

申し訳ないけど今日も断わろう。

 

とおもったんだけれど、断る前にパパパっと話が始まっちゃって、聞いているとどうやら美容師歴10年以上のベテランのご様子。もし髪を切ろうかなって思っているタイミングだったら、チャンスもらえませんか?って。

人が良さそうなぽっちゃりめの男性。

私は、髪を切ったり洗ったりしてもらうのは、どちらかというと女性より男性の方がいい。

 

実は最近、自分でカミソリを使って切るのもだんだん飽きてきた。というよりもさもさ加減がひどくなってきて、自分じゃどうにもならない。

まあ半額だし、すぐ切れるし、時間もあるしなんでもいいや。スッキリするなら。

 

というわけで切ってもらうことにした。

自分で切ってたこととか、前髪のこととか、今の長さなら前髪は作らない方がいいし、短くするなら横に流すとか、お手入れの簡単な方がいいなら…などなど相談にのってくれた。

 

で、ショート?ボブ?ショートボブ?まあよくわからんが短くなった。

f:id:minicherry0817:20180108162214j:plain

早かった〜

ハサミさばきがね。

だから時間も1時間ちょっとくらいだったんじゃないかな。

 

もうなんでもいいや〜って思って切ってもらったから、自分としては似合ってるか似合ってないか思い通りのスタイルになったとかそういうのはないんだけどね。

 

ないんだけど週明けに会社行ったら周りの反応がすごくて!

会う人みんなが、

わ〜切ったんですね〜

いいですね。

すてき。

似合う〜

かわいい〜

いまのほうがいい〜

 

褒められました。

今まで髪を切ってこんなに褒められたことがあっただろうかってくらい評判がいい。

 

今まで、理想とか期待を大きく持ちすぎてたのかな?
まあいいや。そんな気持ちで切ったから返ってよかったのかもしれないな。うん。