ミニマリストを目指す人のブログ

日々遭遇するあらゆる「モノ」「コト」に対して「必要か?必要か?必要か?」と呪文のように唱える毎日を送っています。

家計簿は必要か?〜お金に居心地の良い場所を与えること〜

f:id:minicherry0817:20180118230505j:plain

そもそも家計簿をつけるのが面倒くさいのは、
お金に執着がないから?
お金に愛情がないから?
お金をモノと考えているから?
お金って、お金って、一体なんなんだーーーー!

となったので、「お金」で検索をしてみた。
いろんな人がお金に対するいろんな考えをブログにしたり、本にしたりしている。

「お金には心がある」とか
「お金を好きになる」とか
「お財布に気を使っているかどうか」とか

つまり、
お金には心があるんだから、ちゃんと考えてあげて、好きになってあげて、感謝の気持ちを持ってあげて、居心地のいいお財布に入れてあげること。そうすると、お金も気持ちよく働いてくれて、行ってもまた帰って来てくれるということらしい。

あーそうか、
私はお金に心があるとは思ってないな。だから好きと思えないし、感謝の気持ちも生まれないし、居心地のいいお財布に入れてあげようと思えないし。

だから、だから、
お金の管理をするという家計簿のことも考えられないのだと!

私はパソコンのインストラクターを20年近くやって来て、自分に仕事を与えてくれたパソコンに感謝してるし、好きだし、パソコンに心があると考えられているから、それと同じようにお金に心があると考えられそうだ!

そういえば、10年以上前にサマンサ・タバサのレモンイエローの財布を使い始めた時、仕事が決まって収入上がったもんなぁ〜お金にとって居心地のいいお財布はやっぱり非有ようだな。

いまは、財布なんてなんでもいいよね〜ってちっちゃいポーチだもん。レシート入れたりカード入れたりごちゃごちゃしてて、そりゃあお金たちも居心地良くないわ。と思った。

ということで、お金に居心地のいいお財布を探しに行こう!