ミニマリストを目指す人のブログ

日々遭遇するあらゆる「モノ」「コト」に対して「必要か?必要か?必要か?」と呪文のように唱える毎日を送っています。

歩きにくいから履かない、でも捨てられない靴を捨てる方法を探ってみた。

f:id:minicherry0817:20190715034211j:plain

皆さんの家のげた箱、ああ、最近、げたばこって言わないか。靴箱?むしろシューズボックスとかいうのかな?まあネーミングはさておき、履かないのに取ってある靴ありませんか?

履かない理由って、例えば冠婚葬祭用だからその時だけとか、あと歩きにくい、足が痛い、そこまで気に入ってない。そんなところでしょうかね。特別な日に履くものはまあ置いといて、履かないのに取っておく靴って、なんで取っておくんでしょうね?履かないのに。使わないのに。で、なんで捨てられないのか、どうやったら気持ちを切り替えて捨てられるか考えてみました。

高かったから捨てられない。

靴以外のものでもそうですけど、これありますよね。高かったから捨てられない。こんな値段じゃ売れない。しかも履いてないから綺麗だし。これってでも、永遠のループですよね。その靴を見るたびにもう10年でも20年でもずーーーっと見るたびに毎回毎回「高かったから」って言い続けるんです。それで捨てられない自分のこと「あー私ってダメだ」って自己肯定感が下がります。自分の残りの人生の中で、あと何回、自分のことダメだって思うんでしょうね。そういう時間、すごく勿体無いなって思います。

高かったから捨てられない自分とお別れするには、まず、次に靴を買うときのためにルールを作る。「私はいずれこの靴を手放す時が来る。そのときに高かったから捨てられないって思う金額かな?それともこれくらいの金額なら履き倒して捨てられるかな?足に合わなかった時は、いくらだったら売ってもいいって思えるかな?」

靴を片手にそういうルールを作っておくと、もう二度と「高かったから捨てられない」って思わなくなるのではないかなと思いました。さらに、これは他のモノを買う時のルールとしても使えるのだ!

さて、私のこの靴ですが、金額は5,000円〜6,000円だったと思います。特に私の中では高かったから捨てられない分類ではないのですね。じゃあ、なぜ捨てられないのだろう?

需要があるから

・急にスーツ来て行かなきゃならない仕事の時に使う。だって他にちょうどいい靴がないんだもん。
・小雨のときに履く。だって雨の日にスニーカーだと雨が染み込んでくるし、他に雨の日に履ける靴がない。

・急なお通夜、葬儀のときに使える。だって、他に黒い靴がない。

あれ?じゃあスーツのときに履ける、小雨の日にも履ける、冠婚葬祭用にも使える歩きやすい靴を変えばいいのでは?

解決!

と思ったけど、実家に冠婚葬祭用の靴があったのを思い出した。次回実家に帰ったときに持ってこよう!

冠婚葬祭用って、その時のためだけに取っておくと、使いたいときにかかとが取れたりゴムがボロボロになったりすることがあるっていうのを人がそうなったのをみて学んだから、普段使いと兼用にしてしまおうと思います。

歩きにくい靴、高かったから捨てられない靴、みなさんも1足ずつ向き合って手放してみてはどうでしょう?