ミニマリスト研究所

日々、モノを減らす実験

ときめきとは何か?もしかしてこれ?ってなった話。


f:id:minicherry0817:20200906155542j:image
この前、ひっさしぶりにユニクロ、GU以外のお店で「これやーーーー!」という服に出会いまして、しかも値段も手頃な2,400円!早速購入、週明け会社に着ていきましたら、通勤途中に突如訪れたルンルン気分。

こ、これはもしや!いま私ときめいてる?ときめいてるんちゃう?

ってなりました。

10年前「ときめく物を残しましょう」と、こんまりさんが本に書いていたとおりにやってみました。
が!
どんなに服をぎゅっと抱きしめても、ときめかない。何枚やっても同じ。

10代の頃ならば、やれ光GENJIだの少年隊だの、スイーツだの、キティちゃんだの、ときめきはそれなりにありましたが、いつの間にやら夕方のスーパーで割引きのシールが貼られた刺し身にしかときめかなくなっていたのでした。

あのとき、20代だったこんまりさんが、30代だった私に「ときめき♡」なんぞ言われても、「は、はあ、そうですねぇ」ってなってしまっていたのも無理はありません。そう!そもそも私は「ときめき」を忘れたおばちゃんだったのでした。

あれから10年、もうアラフィフですし、人生でときめくことなんて回転しない寿司くらいやわ。と思っていたのですが、モノを減らし、本当に「これやーーーー!」と思うものを選ぶようになり、お気に入りの服を着て歩いている時ってこんなにウキウキするもんかと思いました。

アラフォーも間近になってきますと、もはやときめきを基準に洋服を選ぶことなどなく、「着られればそれで良い」を選ぶことが多くなってきます。

ときめきを忘れ、ときめくモノを選べない状態でズルズルと10年、20年生きてきたんですから、こんまりさんのメソッドがうまくいわけがない。

その服自体はとっても素敵!ときめく!と思っても、いざ着てみたら似合わないという服は、本当の意味でときめくとは言わないんじゃないかなと思います。

洋服をみてもときめくし、着ている自分を鏡越しに見てもときめくし、似合う洋服を着て歩いていて思わずニヤニヤしちゃうくらいがときめきなんじゃないかなと思いました。

皆さんの家のクローゼットには、自分を笑顔にしてくれる洋服はありますか?

もし一枚もないのなら、次に洋服を買うときはぜひ!その洋服を着ていて思わず自分がニヤニヤしちゃうような、そんな一着を買うようにしてください。

大丈夫です。マスクしてますからニヤニヤしながら歩いてても「なにあのおばさん笑いながら歩いてるで」とは思われませんから。